ネイリスト 資格取得

ネイリストになるには?どういうステップが必要?

女性の憧れNO1の仕事「ネイリスト(ネイルアーティスト)」。
ネイリストになる方法として考えられる手段は2つあります。

 

ネイリスト養成スクールで学ぶ ⇒ 資格取得 ⇒ ネイルサロンで働く ⇒ (独立開業へ)
通信講座を利用して独学で学ぶ ⇒ 資格取得 ⇒ ネイルサロンで働く ⇒ (独立開業へ)

 

 

ネイリスト専門の養成スクールで学ぶ

 

ネイリスト専門の養成スクールに通いながらネイルアーティストとしての修行を積んでゆきネイリストを目指してゆく、最もポピュラーで一番確実な方法です。

 

ネイリスト養成スクールでは就職(働く場所)の窓口が特に広いので、学んだ知識をその場で実践で試すことができるのが利点です。また同じ志を持った仲間同士で技を磨きあったり、相談し合いながら、一人前のネイリストを目指してゆけます。

 

学校の選び方として、「就職先が豊富」「独立開業支援が充実している」という部分は外せませんので要チェックです。

 

通信講座(通信教育)で学ぶ

 

住居が遠隔地でスクールに通学することができない方、マイペースで学びたいといった方向きです。
DVDや教材などを参照しながら独学で通信講座でネイリストになるためのスキルを養ってネイリストを目指してゆきます。

 

最近の通信講座は質が高く、生徒一人に専属ネイリスト講師がマンツーマンで添削、実技指導したり、卒業後のお仕事に対してのフォローや独立開業支援などかなり充実しています。また本格的なネイリスト育成講座を月々3900円〜程度から手軽に始めたりすることができるようにもなってきました。

 

ただし本人次第ですが、通信講座では基本的に実技の練習不足になりがちで技術をモノにするためのハードルはやや高くなってしまいますので、日々学んだその日に反復練習する努力と意思が必要になってくるでしょう。(中には※スクーリングを受けられる講座もあります)

 

 

どちらにしても自分の目的/ライフスタイルに合った講座選びをしっかりとすることが大事になってきます。

 

ネイリストになるのにネイリスト検定資格は必要?

これはネイリストになりたい人の目的によって大きく変わってきます。

 

もし「これからネイリスト(ネイルアーティスト)を仕事としてやっていきたい!」
「お金を頂けるレベルのネイリストになる!」と決めている方の場合

 就職(修行)するためにも最低でもネイル検定2級以上は必要不可欠。必ず取得しておきましょう

 

逆に「ネイルを趣味的に楽しみたい」「後のことはそれから」という方
 特に必須ということはありません

 

 

実はネイリストになるのに絶対にネイリスト検定資格を取得しないといけない!っということではありません。ネイリストの資格は「民間資格」に分類されるので、極端に言えば、明日から「私はネイリストです」と言えば法律的に問題なくネイリストになれます。

 

ですが、もちろんそんな方はいませんし、あくまでも法律上そういう解釈ができるということです。

 

 

ネイリストの資格(ネイリスト検定)は、ネイリストとしての実力の証明のようなもので、やはりネイルの職場で働くためには必要不可欠な資格になります。つまり就職(修行)に断然有利です。

 

雇う側(ネイルサロン、美容室、エステなど)としても、ネイリストの検定資格も所持してない、学校にも行ってもない、ネイルアートについて何も知らないただの素人さんを雇うのは、一から教えないといけなくなるし、骨がいりますから当然ですね。

 

雇ってもらえる基準として最低でもネイル検定2級以上は必要になってきます。
検定2級以上は独学では難しいレベルですが、本格的に仕事としてやってゆく方はネイリストの資格は取得しておきましょう。

 

主な就職先・活躍場所は?

ネイルサロン、美容室、エステティックサロン・・・など「美容・ブライダル系全般」で幅広く活躍できます。

 

働く雇用形態としては正社員、契約社員、アルバイトなど様々ですが、まずは現場で仕事の経験を積んでゆき、ネイリストの腕を磨いてゆきます。

 

まとめ

通学で学ぶにしても、通信講座で学ぶにしても、まずはみっちりネイルの基礎を学び、ネイリスト検定資格(3級〜1級)を取得しネイリスト(ネイルアーティスト)として仕事(修行)をしてゆくことになります。

 

本気の方は検定2級以上は必ず取得しましょう。

 

その後独立・開業したい方は、独立できるだけの力量がついてから、ネイルサロン開業への道を模索してゆくことになります。この時が一番楽しい時期になります

 

 

ガッツのある方なら通信講座でしっかりと学んでネイリスト検定資格2級以上に合格してから就職しても大丈夫ですが、もし予算に余裕があるのでしたら、ネイル系の専門学校スクールに通学してモノにしてゆく方が確実でしょう。

 

 

ネイリストの資格取得後、ネイルサロンで働くことになって、初めてプロのネイリストとして活動してゆくことになります。自分の生活スタイルに合った方法で学んでゆきましょう。

 

まずは情報収集。便利な一括資料請求(無料)サイトのご紹介

興味のある方は、以下リンク先サイトで詳しい仕事内容についてやネイルアートが学べる養成スクール/通信講座の情報、資格取得者の体験談の声などを詳しく知ることができます。また気に入ったスクール・通信講座の資料・パンフレットを何個でも無料でお取り寄せ可能です。

中継サイト経由なので、請求後にしつこい電話営業等がくることもありません。

気になったスクールを2,3つ見つけたら、まずは手元に資料を取寄せてみて情報収集。
自分にやれそうか?向いていそうな仕事かどうか?など判断すると良いでしょう。

ネイルスクールの決め手は講座?料金?ビューティー資格ナビで比較