ネイリスト 資格取得

ネイリストの給料って?アルバイト、フリー、独立開業のケースなど

ネイル施術中

自分の好きを仕事にできるネイリストですが、実際の仕事でどれくらいの収入を得ることができるのか、皆さん知っておきたいですよね。

 

ネイリストとしての給料は、どこで働くかで異なります。
いくつかの職業形態を例に挙げて紹介していきましょう。

 

》ネイルサロンで働く場合

ネイリストの第一歩として、一般的な就職先でもある「ネイルサロン」。

 

ネイルサロンの場合は、正社員として雇用されていたとしても、まずは「見習いネイリスト」として、先輩ネイリストのアシスタント的な仕事を任されることが多いようです。

 

「ネイリスト」という資格を持っているからといって、特別に給料が高いというわけではありません。

 

各ネイルサロンで違いはありますが、正社員の給料は月々15万〜20万円が目安で、パートやアルバイトの場合、時給700〜800円が相場です。

 

指名制などの歩合給を取り入れてる実力主義のサロンであれば、うまく固定客を増やしていって指名を獲得していけば月30万以上の収入を得ることが可能です。

 

 

》フリーネイリストの場合

フリーネイリストの給料は、当然ですが1ヶ月でどれだけ仕事をこなしたか?で、大きく変わってきます。

 

どれだけ人脈を作りリピーターを増やしていけるか?など、自身の営業力で年収を大幅にアップさせることができます。

 

フリーではじめて月々20万円前後稼げるようになってきたら、ちゃんと人脈を作れてリピーターがいる状態といえるので、その後の収入アップはかなり楽になってくるはずです。もちろん、手を抜かずに継続すればの話ですし、あくまでも目安です。

 

しっかり人脈を作った状態で始めないと、軌道にのるのが停滞するのでキャッシュフローが悪くなります。しっかりネイルサロンで腕・人脈作り・接客など学んで実力をつけてからフリーになるのをおすすめします。

 

 

》ネイルサロンを開業する場合

ネイルサロンを開く場合も、その給料はフリーネイリストと同じで、1ヶ月にどれだけお客様が来店されるか?で、完全に実力によって金額は違ってきます。

 

ネイルサロンで働いているのと同じ位の月20万ほどの収入の方もいれば、多い人で1ヶ月100万円以上稼ぐネイリストもいます。

 

「また来たい!!」と思われるようなネイルサロンを作り上げ、顧客をどれだけ作れるかなど、経営能力しだいでいくらでも収入アップが可能です。



ネイルアートが学べる講座一覧。資料請求は何個でも無料!
▲ネイルが学べる講座情報一覧。 資料請求は何個でも無料!▲